MENU

手汗対策グッズ「テサラン」vs「ファリネ」を徹底比較!

「手汗対策グッズって本当に手汗を抑えられるの?」と不安を感じている、あなたへ

 

当サイトでは通販限定の手汗対策グッズでとくに人気の商品、テサランとファリネの特徴や効果などを比較してまとめてみました。どちらかの商品を購入する前の参考にしていただければ幸いです。

 

テサランとファリネの比較表

  テサランのバナー ファリネのバナー
商品名 テサラン ファリネ
単品価格 3,980円(税抜) 8,890円(税抜)
定期価格 なし 初月:2,667円
2ヶ月目以降:6,800円
形状 クリーム パウダー
内容量 25g 6g
使用期間 3ヶ月 1ヶ月
有効成分 クロルヒドロキシアルミニウム
イソプロピルメチルフェノール
クロルヒドロキシアルミニウム
酸化亜鉛
返金保証 あり(30日間) あり(30日間)
備考 3本セットで購入したら1本プレゼント 定期コースは最低3ヶ月は継続する
公式サイト テサランの詳細はコチラ ファリネの詳細はコチラ

緊張したら手汗が出る原因と対策方法

手に汗をかく発汗には、「温熱性発汗」と呼ばれるものと「精神性発汗」と呼ばれるものがあります。「温熱性発汗」は、体温調節機能として人間が生きていくうえで必要な働きとなります。

 

緊張した時にかく汗は「精神的発汗」となります。緊張以外にも興奮した時や不安、恐怖を抱えた時、精神的ストレスといった精神的な刺激が主な原因となります。

 

緊張すると心拍数や血圧が上昇するなど体の内部で何かしらの変化が起こり、アドレナリンが分泌されます。このアドレナリンが自立神経の交感神経を刺激し、汗腺に汗を出せという指令が出るわけです。

 

また、自律神経が不安定になると、無意識でも体が緊張状態になるため、交感神経が過剰になり汗が出やすくなります。なので、精神的発汗を抑えるためには、自律神経をバランスよく整えることが重要となります。

 

緊張の際の手汗を抑えるためには?

緊張の手汗を抑えるためには、自律神経を整える、つまり交感神経を抑えて、なおかつ副交感神経が優位にするようにします。

 

では、どのように副交感神経を優位にするのかというと、腹式呼吸や適度な運動、入浴、バランスの取れた食事など、常に体がリラックスしている状態になるように心掛けると良いです。

 

しかし、緊張は自然と起こるものですから、完全に汗を抑えたいと思うのであれば、手術で汗腺を切除するしかありません。

 

手汗対策グッズを使用する理由とは?

手汗対策グッズに自律神経を整える作用はありません。では、何故、手汗を抑えられるのかというと、分かりやすく説明すると汗腺にフタをして汗を皮膚の表面に出ないようにするわけです。

 

この汗腺にフタをする成分が、多くの制汗剤に含まれている有効成分「クロルヒドロキシアルミニウム」というわけです。クロルヒドロキシアルミニウムは当サイトでも紹介している、テサラン、ファリネにも配合されています。

 

つまり、テサラン、ファリネどちらも緊張の手汗を抑えることができる商品というわけです。

テサランとファリネの使用感を比べた結果……

当サイトでは、テサランとファリネの2つの商品を紹介しています。サイトの管理人が実際に使用して試した結果、オススメしたいのはというと……

 

写真

 

テサランは形状がクリームなので、ハンドクリームと同じよう簡単に使用することができます。ただ、クリームが乾くまでは多少のベタつきはありますが、乾いてしまえば汗も出ないので使い心地も良く、とても満足しています。

 

実際に手汗を抑える効果があるので、緊張時でも汗をかくことがありません。

 

ファリネも同じ成分を含んでいるので、手汗を抑えることは可能です。、テサランの一番の決め手となってのは持ち運びしやすいからです。手を洗うとクリームが流れ落ちてしまうのですが、鞄にいれておけば、いつでもクリームを塗ることができます。

 

このページの先頭へ